30代向けのファッション

30代になったら露出を控えよう

20代の頃と同じように、露出するファッションは避けてください。
30代になると露出が似合わなくなりますし、周囲からも変な目で見られてしまいます。
自分の年齢に合っているファッションをしていないと、悪目立ちするので注意してください。
30代は、スカートやパンツの丈に注目しましょう。

膝が隠れるぐらいの長さが、ちょうど良いと言われています。
どのスカートやパンツを買えば良いのか迷ったら、丈を見て判断してください。
脚に自信があっても、ミニスカートやショートパンツを履くことは控えましょう。
自分の年齢を受け入れて、その年齢に合っている服を着てください。
ロング丈のスカートやショートパンツなら、職場にも履いて行くことができます。

羽織れるものを購入しよう

カーディガンやボレロがあれば、ノースリーブやタンクトップなど肩が出る服も着られるのでおすすめです。
ノースリーブだけではやはり露出が気になるので、なんかを羽織ってください。
30代になると、急に身体が冷える人が増えます。
ですから冬場だけでなく、夏場でも上着を持っていた方が良いでしょう。

また夏場は室内で、冷房が効いています。
すると少し寒いと感じるかもしれません。
身体を冷えている状態にするのは健康上良くないので、きちんと上着を着て温めてください。
カーディガンやボレロを羽織ることで、上品に見えるメリットもあります。
大人の落ち着きを演出できるでしょう。
何色か上着を持っていると、服に合わせてコーディネートできます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ